リアル僧侶のSFC修行

2017年、セントレアを起点にSFCプラチナメンバーを目指します!

MENU

【SFC修行】ローマ旅行の計画【修行4回目】時差をどう克服するか譚

時差8時間の壁

f:id:realbouzu:20170213195342j:plain

(2009年2月10日撮影)

SFC修行でメジャーな東南アジアなどは時差1時間で、ほぼ身体的には影響ありません。

しかし、ヨーロッパとなると時差数時間。ローマなら8時間です。

ほぼタッチでの修行となると、時差の問題が体力的に厳しいところかと思いますので、如何に体力を温存するか検討します。

 

旅程と時差の検証

中国国際航空を利用した旅程イメージです。

 

現地時間

日本時間

出 発

 

現地時間

日本時間

到 着

 

1日目

9:00

 

名古屋

11:20

12:20

北 京

乗継2h10m

 

13:30

14:30

北 京

17:50

1:50

ローマ

フィウミチーノ

 

 

 

 

 

19:00

3:00

空港ホテル

空港徒歩10m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目

8:00

16:00

空港ホテル

9:00

17:00

テルミニ駅

 

 

 

 

ローマ観光

 

 

 

 

15:00

23:00

テルミニ駅

16:00

0:00

ローマ空港

フィウミチーノ

3日目

19:50

3:50

ローマ

13:20

14:20

北 京

乗継3h40m

 

17:00

18:00

北 京

21:00

 

名古屋

  

まず、1日目は、初めての国際線ANAラウンジを満喫するため、7時にはセントレアに着きたいところです。逆算して、起床は5時くらいでしょう。

9時に中部国際空港発に搭乗し、北京までは3時間20分のフライト。

北京空港の乗り継ぎ時間は2時間10分ですが、(行ったことないですが)広大な北京空港でのトランジット、とても混雑する手荷物検査を踏まえるとギリギリの時間でしょう。

時間があれば、中国国際航空のラウンジを覗いてみたいと考えています。

 

それから現地時間13時30に北京を出発し、ローマ着が日本時間で翌日の午前2時ごろ。

さすがに一睡もしないのは厳しいので、北京ーローマ間で仮眠を取りたいところです。

しかし、寝すぎるとまた夜寝れず難しい(←おそらくこれが重要

 

そして、予約してあるヒルトンローマエアポートに到着するのが、予定通りいけば、日本時間の3時。現地ではまだ19時。

子どもが生まれてからの体内時計は狂わない

ローマでの2日目をしっかり観光するのであれば、日本時間の午前7時から午後3時といういつもなら完全に活動している時間に睡眠を取らなければなりません。

 

子どもが生まれてこのかた、基本的に朝6時起床をずっと続けていて、その体内時計をリセットできるかにかかってきます。

独身時代、あるいは結婚してからも子どもが生まれるまでは、休みとあらばいくらでも寝れたのに、子どもが生まれてから、仕事の有無、曜日関係なく早起きしなければならず、結果眠れない体質になってしまいました。(あぁ大人になったなぁと我ながら思います。)

 

まとめ 

ポイントとしては次の2点かと思います。

  • ローマまでは寝過ぎないけど少しは寝ておく。
  • ローマに到着してからギリギリまで起きている。 

 

3日目は、 ローマー北京間で少し寝ておいて、午後9時に中部国際空港に到着し、帰宅し、ぐっすり寝れば、疲れは残るかと思いますが、仕事には出れると思います。

 

こんなところでしょうか。8日間のツアーならいいですが、ヨーロッパまでの弾丸ツアーは、まさに体力的に厳しい修行となるでしょう。