読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアル僧侶のSFC修行

2017年、セントレアを起点にSFCプラチナメンバーを目指します!

MENU

【SFC修行】ローマ旅行の総括【ローマ旅行No.11】SFC修行と旅の両立について

セントレアーローマ間のマイルとプレミアムポイント

まず、中国国際航空利用の中部国際空港ー北京空港、北京空港ーフィウミチーノ空港のマイルとプレミアムポイントは下記の通りです。

f:id:realbouzu:20170318134937p:plain

セントレアとフィウミチーノ空港(ローマ)の往復で合計プレミアムポイントは、17,148でした。PP価は10.16で、一般的には1PP=10円が目安なので良しとします。

出発時刻

出発地

到着時刻

到着地

搭乗クラス

運賃

マイル

加算マイル

PP

PP

9:00

名古屋(NGO

11:05

北京(PEK

ビジネス

 

1,090

1,453

1,853

 

13:30

北京(PEK

17:50

ローマ(FCO

ビジネス

 

5,060

6,321

6,721

 

19:50

ローマ(FCO

13:20

北京(PEK

ビジネス

 

5,060

6,321

6,721

 

17:00

北京(PEK

21:00

名古屋(NGO

ビジネス

 

1,170

1,453

1,853

 

合 計

 

 

 

 

174,240

12,380

15,548

17,148

10.16

さらに、長距離路線のため、約15,500マイル加算されることも大きいです。

行き先がローマのメリット

一般的にSFC修行、中国国際航空SFC修行といえば、行き先はシンガポール、クアラルンプールが多いでしょうか。時差も少なく、フライト時間も欧米に比べて短いので、身体的に楽だと思います。

 

しかし、今回1泊3日でローマ修行をし、かなり楽しめたため、メリットを探したいと思います。 

1.1回でたまるプレミアムポイントが多い

中国国際航空ビジネスクラス利用の場合の各都市のプレミアムポイントをSFCブログをサーフィンして調査。

シンガポール   11,000〜12,000

クアラルンプール 11,000〜12,000

メルボルン    18,000〜19,000

東南アジアよりは良いです。メルボルンって遠いんだなと印象。しかし、東南アジアのPP単価が8〜9円らしいので、ローマへ行くお得感はあまりなさそうです。

2.機材が中国国際航空最新のB787-9である

現状、B787-9が投入されているのが、国際線だと北京とフランクフルト、ローマ路線のみなので、もしB787-9に乗ってみたければ、ローマかフランクフルトになるかと。

f:id:realbouzu:20170315210431j:plain

3.北京での乗り継ぎ時間が短く現地での滞在時間が長い

今回の中部国際空港ーローマの北京での乗り継ぎ時間は比較的短く時間を持て余しませんでした。以下、各都市への北京での乗り継ぎ時間を検証。

出発地

目的地

往路

復路

セントレア

フィウミチーノ空港

2h

3h50m

セントレア

チャンギ国際空港

4h

11h10m

セントレア

クアラルンプール空港

4h15m

11h5m

セントレア

フランクフルト空港

2h35m

5h25m

セントレア

メルボルン空港

3日間では不可

調べていると、セントレア北京首都国際空港間が、セントレア発9:00、北京発が17:00の1日1便のみなので、中国国際航空セントレアを起点としたSFC修行は乗り継ぎでの時間のロスが結構大きいです。

 

結果、セントレアから中国国際航空利用で3日間でSFC修行をする場合、なるべく乗り継ぎ時間が少なく、プレミアムポイントが貯まる欧州路線が優れていると思います。

  • プレミアムポイントは多いけど乗り継ぎ時間がギリギリのローマ
  • ローマよりプレミアムポイントが若干少ないけど乗り継ぎに余裕のあるフランクフルト

拙僧の粗雑な調査ですが、セントレア発の修行をご検討の方はご参考に。

4.ローマが好き

大学の卒業旅行以来2度目のイタリア(H.I.Sの正月の初売りで11万円ほどのツアーで、まだギリギリ成田からJALの直行便が飛んでいた頃)、新婚旅行以来のヨーロッパで、ヨーロッパは3度目でしたが、とても楽しめました。

 

高層ビルが立ち並ぶ東南アジアとは異なり、歴史ある街並みをのんびり歩く楽しさを実感しました。また、シンプルなイタリア料理とワインが美味しい!

この辺は、個人の感覚なのでなんとも言えませんが、拙僧としては、今後3日休みが取れれば、間違いなくヨーロッパへ行くでしょう。

まとめ 

今まで石垣島往復や1日那覇2往復などしましたが、無駄なことにお金と時間を使ってしまったなぁとやや後悔しました。修行とは言いつつも、折角飛行機に乗るのだから旅として楽しまなければと思った次第です。

PP単価の追及よりも、同じ時間を使うのであれば、 多少の出費が嵩んでも旅先を楽しむことも考えるべきでした。

 

さて、4回の修行を終えて、プレミアムポイントは38,000を超え、ブロンズは確定しました。予定では、あと1回の修行で「解脱」です。

フライト

運賃

マイル

PP

PP

購入マイル

14

329,600

23,754

38,556

8.55

3,296