リアル僧侶のSFC修行

2017年、セントレアを起点にSFCプラチナメンバーを目指します!

MENU

【シンガポールの子連れ旅行にオススメホテル】コンラッド・センテニアル・シンガポール滞在記

シンガポールの子連れ旅行にオススメホテル

 2016年に3歳の子どもを連れてシンガポールに旅行しました。初めてのシンガポールで、さらに子どもも初めての海外なので、ホテル選びは重要です。

重視したポイント
  • アクセスが便利

どうしてもタクシー利用が多いので、狭いシンガポールであっても目的地に合わせて利便性の良いホテルが良いでしょう。電車などは利用しないと決めていたので、駅からのアクセスは考慮していません。

  • ラウンジが使える

一定以上のフロアの宿泊であれば、エグゼクティブラウンジがあるかと思いますが、問題が子どもが入れるかどうか。意外と子どもが入れるラウンジは少ないです。

  • 施設が大きすぎない

以前、巨大リゾートのホテルに宿泊したことがありますが、フロントやエントランスが遠すぎたり、またエレベーターから部屋が遠かったり、また宿泊者で溢れ、チェックインに時間がかかったりとあまり良い思い出がないので、子連れにはほどほどのコンパクトなホテルがいいと思います。なので、マリーナベイサンズは遠慮しました。

 

コンラッド・センテニアル・シンガポール

今回宿泊先に、選んだのは、ヒルトン系列のコンラッド・センテニアル・シンガポールです。

f:id:realbouzu:20170408114448j:plain

 まだ、SFC修行する前で、エアラインラウンジやアライアンスはもちろん、ホテルのゴールド会員の制度など全く無知だったため、普通にエクスペディアで検索し、ラウンジが使え、値段もあまり高くなく、マリーナエリアということで選択しました。

空港からのアクセス

空港からはタクシーで20分ほど。マリーナエリアにあります。

ただ、滞在中、何度もタクシーに乗りましたが、ホテルのエントランスまでスムーズに行けるタクシー運転手さんはたった1人でした。

マンダリンなどのホテルに隣接し、エントランスまでの通路がややわかりにくくなっています。

また、事前に調べていなかったのですが、ラッフルズホテルに徒歩5分、マーライオンパークまでタクシーで5分程度とちょっとした時間で色々と観光でき、立地も良かったです。

マリーナスクエア

ホテルの隣にマリーナスクエアという大きなショッピングモールも。

f:id:realbouzu:20170408122025j:plain

「威南記」というシンガポールで有名なチキンライスの名店もあります。

f:id:realbouzu:20170408122028j:plain

シンガポール名物、チキンライス。シンプルに鶏とご飯なので、子どもでも大丈夫です。

f:id:realbouzu:20170408122030j:plain

エグゼクティブフロアルーム(キングベッド)

エグゼクティブラウンジラウンジが使えるエグゼクティブフロアの普通の部屋を予約しました。もちろん朝食付きです。Free Wi-Fiも確か付いていました。

すごくふかふかの気持ちいベッドでした。ただ、日本のホテルのベッドより高いので、3歳の子どもは自分で登れませんでした。

f:id:realbouzu:20170408114453j:plain

そして、ウェルカムフルーツとチョコレート。あと、クマのぬいぐるみやお風呂に黄色いアヒルの人形などもあり、子どもも喜んでいました。

f:id:realbouzu:20170408114500j:plain

エグゼクティブラウンジについて

エグゼクティブラウンジで良いところは、まずチェックインが楽。ホテルのコンシェルジュに予約の旨を伝えるとエグゼクティブフロアに案内され、飲み物をいただきながらくつろぐことができます。

 

コンラッド シンガポールのエグゼクティブラウンジありがたいのが、子どもの利用制限がないことです(2016年秋現在)。他のラウンジだと、完全に入室禁止や日中はいいけど夜は不可などが多いです。夜のラウンジにはアルコールがあります。入れないのはもったいない。

 

コンラッドでは、17時からがカクテルタイム。スパークリングワイン、ワイン、ウィスキー、ビールなど様々なアルコールの飲み放題と軽食がありました。シンガポールだとレストランのアルコールが高いので、夕食時はほどほどにし、ラウンジでもう少し飲んでおこうという感じで過ごしました。

f:id:realbouzu:20170408114834j:plain

ラウンジからの夜景も綺麗でした。f:id:realbouzu:20170408114831j:plain

1つ気をつけないといけないのが、アルコールの提供は20時までということ(2016年秋現在)。拙僧は、子連れなので、早めに夕食を食べてラウンジで飲んで寝るという流れでしたが、一般的には、軽食をとってディナーに行くのでしょうか。

チェックアウトからフライトまでの過ごし方

シンガポールから名古屋行きの飛行機の出発時間は翌1時過ぎでした。なので、チェックアウトして、1日観光して、夜空港に向かわないといけません。

 

もちろんですが、出発までスーツケースなどの荷物は預かっていてくれます。また、3Fか4Fに休憩スペース(コーヒーなどの飲み物)とシャワーがあり、そこでシャワーを浴びることもできました。(ただ、あまり清潔ではなかったです。スターアライアンスゴールドメンバーでシンガポール航空のラウンジにシャワーがあればそっちの方がいいかと思います。)

「CONRAD」は何と読むのか?

滞在中、ずっとわからなかったのが、「CONRAD」をどう発音するのか?

「コンラッド」では通じず、「カンラッド」でも通じず、タクシーでも結局地図を見せたりして伝えていたました。次回までに調べていきたいです。

 

他のシンガポールのホテルに宿泊したことはないですが、概ね満足できるホテルかと思います。数少ない子どもがラウンジに入れるホテルなので、子連れで酒好きの皆様のご参考になれば。