読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアル僧侶のSFC修行

2017年、セントレアを起点にSFCプラチナメンバーを目指します!

MENU

【セントレア編】嫁にSFC修行のメリットをどう伝えるか?【前編】

プラチナステータスで初搭乗

4月より、プラチナ事前サービスが始まりました。そして、先日、セントレアー羽田空港という短い距離ですが、プラチナメンバーとして、初めて搭乗しました。

www.realbouzu.xyz

旦那がSFC修行を解脱することで、家族が如何に恩恵に与れるかを伝えてきましたので、家族にSFC修行を行うメリットを説得する参考になればと思います。

 

前編は、セントレアがメイン空港の場合です。

 

SFC特典① 優先チェックインカウンター

ANA便、コードシェア便、スターアライアンス便を利用の際は、国内外問わず、優先チェックインカウンターで搭乗手続きと手荷物を預けることができます。

平日の7時でもこの行列。混んでる時だと、20分以上かかることもあります。

f:id:realbouzu:20170419194838j:plain

それが、優先レーンを使えるので、2〜3人待ちで済みます。しかも、絨毯が敷いてあり、子どもがつまずいても安心です。

f:id:realbouzu:20170419194835j:plain

今回は、預ける荷物がなかったので使いませんでしたが、子連れだとどうしても荷物が多くなるし、長時間並ぶのは出発前から疲れてしまいます。

 

寺庭夫人の評価:「これはいいと思う!」

SFC特典② 専用保安検査場の利用

残念ながら、セントレアに専用保安検査場がないので普通に並ぶしかないです。

朝7時ごろなのでまだ空いていましたが、SFC修行中、8時過ぎは大行列でした。専用保安検査があるのは、新千歳、羽田、伊丹、福岡です。何度も言いますが、セントレアにも欲しいです。

現在、第二滑走路を計画中なので、その内できると良いですが。

f:id:realbouzu:20170419195352j:plain

 

SFC特典③ ラウンジの利用

セントレアの場合は、ANAラウンジではなく「セントレア エアライン ラウンジ」が利用できます。本来なら、保安検査通過後から出発まで優雅なひと時を過ごすことができます。

f:id:realbouzu:20170419210421j:plain

しかし、セントレアのラウンジは、快適とは言い難く、この日も7時過ぎは混んでいて夫婦並んで座れないくらいでした。

f:id:realbouzu:20170419203245j:plain

(セントレアWEBサイトより転載)

一方、セントレアはカードラウンジが充実しています。先月まで改装していて、リニューアルしたばかりです。ビールの飲み放題、つまみ、スナック、チョコレートなどあり、子ども連れにも使いやすいです。

f:id:realbouzu:20170419203424j:plain

(セントレアWEBサイトより転載)

 

寺庭夫人の評価:「カードラウンジの方がいい。子ども連れてこっち(エアラインラウンジ)は入りにくい!」

 

SFC特典④ 優先搭乗できる

飛行機に早く乗れます。子連れであれば、ダイヤモンドメンバーより先に乗れ、ダイヤモンド→プラチナ、SFC→一般という順番です。

個人的には、これはどっちでもいいです。プレミアムクラスやビジネスクラスであればくつろげますが、普通席の利用の場合は、特にメリットを感じません。どちらかというとギリギリまで乗らない派です。

子連れの時も、最初に乗るとドアクローズまで15分程度あり、なるべく最後の方に乗っています。その分、SFC特典で前方の座席を指定し、迷惑にならないようします。

SFC特典⑤ 改札音が変わる

搭乗前の改札音でプラチナメンバーというステータスを自己満足できます。

「ピン、ファーン」と鳴ります。

SFC特典⑥ 一言添えられる

最後の方に搭乗し、一般の方に混ざっていても、改札音の違いで地上係員の方より「いつもありがとうございます」と言っていただけます。

SFC特典⑦ 改札の表示が変わる

改札の小さなモニターに「 PLT」と表示されていました。


寺庭夫人の評価:「いらん!」

SFC特典⑧ 搭乗案内の表示の変化

搭乗案内の紙に「PLT」の文字が。

f:id:realbouzu:20170419210230j:plain
寺庭夫人の評価:「いらん!」

 

総評

このように、SFC特典は多岐に渡ります。様々な恩恵を受けつつ、約40分ほどのフライトで羽田空港に到着。

f:id:realbouzu:20170419210413j:plain

羽田に到着し、家内にプラチナメンバーの特典について、改めて聞いた答えは、

「君の修行ってなんだったの?」

 

帰りの羽田発で挽回しようと心に決め、家内と別れ、拙僧は一人横浜に。