リアル僧侶のSFC修行

2017年、セントレアを起点にSFCプラチナメンバーを目指します!

MENU

子供のパスポートの写真を30円で作る方法

子どものパスポート発給

さて、急遽来月グアム旅行に行くことになり、2歳前の2人目の子どものパスポートを作らなくてはいけません。(上の子は昨年シンガポールに行く際に作りました。)

1年ぶりだったので、改めて子どものパスポートを発給する時の覚書です。

子どものパスポート申請に必要な書類

一般旅券発給申請書(5年用)
戸籍謄本または戸籍抄本

市役所で450円でした。

パスポート用の写真

※写真の裁断、貼り付けの必要はありません。

本人の確認書類

子どもの場合は、親の免許証などの本人確認書類と子どもの健康保険証が必要です。

 

申請の時は、本人(子ども)が同行する必要はありませんが、受け取りの時は本人も一緒でなくてはなりません。

パスポートの写真を30円で作る方法

子どものパスポートの写真を撮るのって結構難しいです。写真館で撮ると大人しくしているかわからないし、1,000円以上するかと思います。なので、節約のため安く作る方法を調べました。

 

その方法とは、単にスマホのアプリを使うだけです。

2つのアプリでできてしまいます。

 

まず1つ目が、写真を撮るアプリ。

今回使ったのは、Canonの証明写真を作成するアプリ。

子どもを白い壁の前に立たせて、このアプリで写真を撮り、パスポートの規格に合うようサイズを合わせれば完成です。

f:id:realbouzu:20170503133555p:plain

2つ目がプリントアプリ。上記のCanonのアプリから自宅のプリンタに出力できますが、写真用紙がなかったので、セブンイレブンで印刷しました。印刷代が30円です。

f:id:realbouzu:20170503132527p:plain

特に、会員登録の必要もなく、サーバーに写真を登録し、セブンイレブンに行き、印刷できます。(実際のところ、画質はそこそこ)

play.google.com

play.google.com

さらに綺麗に作りたい場合

子どもにとって人生初のパスポートになるので、拙僧はもう少しこだわりました。

 

まず、アプリではなく、一眼レフで撮影。画質はもちろんですが、連写ができ、正面を向いた「一瞬」を捉えることができます。

そして、Photoshop。フォトショで露出などを調整。

 

出来上がった写真データをスマホに送信し、上記のアプリから「写真を選択」してパスポートの規格に合うよう、調整します。

アプリから下のようなデータができるので、これをL版のフチなしで印刷します。これを切り取らず、窓口に持っていきます。

f:id:realbouzu:20170503140653j:plain

今回、申請の際に、「少し歯が見えてるけど、子どもさんなので」ということで受理していただけました。よく規格のご確認を。

www.mofa.go.jp