リアル僧侶のSFC修行

2017年、セントレアを起点にSFCプラチナメンバーを目指します!

MENU

ヒルトン グアムのアップグレードとタシクラブ宿泊記

はじめに

ヒルトンHオナーズVISAゴールドカードを発行して、ヒルトンHオナーズ会員のゴールドになったのは先述した通りです。

www.realbouzu.xyz

ゴールド会員は部屋のアップグレードや朝食無料などの特典があり、先日、グアムのヒルトンにて実際に体験いたしましたので、そのレポートをしたいと思います。

 

ヒルトン グアムの基本情報はこちら。

www.realbouzu.xyz

アプリでのオンラインチェックイン

ヒルトンのアップグレードの方法は2つ。

  • 当日ホテルでのチェックイン時に空きがあればアップグレード
  • ヒルトンのスマホアプリでオンラインチェックインで部屋を選択

今回は、到着が深夜ということもあり、スマホアプリでのチェックインをしました。ヒルトンのアプリの使いやすさやチェックインの方法は他のブログを参照ください。

今回は、時系列に沿ってチェックインの流れをご紹介します。

 

前日朝8時すぎ

オンラインチェックインは前日からとは聞いていましたが、実際何時からかはわかりませんでした。

宿泊前日の朝8時過ぎにチェックインが可能になった旨のメールが来ました。(気づいたのは、昼頃でしたが。)

これは、宿泊先によって異なるかと思います。たまたまグアムなので日本との時差が+1時間なので、現地9時(日本8時)ですが、ハワイや欧米だと何時からかはわかりません

 

前日昼休み

昼休みにチェックイン可能なことに気づき、アプリをチェック。

まずは、到着時刻を選びます。午後3時から午後9時まで1時間単位で選択し、午後10時以降の場合はオンラインチェックインができません。

本来、グアム到着が翌日の1時ですが、ここは9時チェックインを選びました。

 

ここでアップグレードされていなければ少し待て!が鉄則らしいですが(一度、チェックインしてしまえば、部屋の変更が不可のため)、今回はアップグレードされた部屋が表示されました。

アップグレードされたのは、ヒルトン グアムで最も高級なタシクラブというタワー。

f:id:realbouzu:20170625212926j:plain

(朝食会場のプレミアタワーのエグゼクティブラウンジから撮影)

ツインルームのエレベーター近くという拙僧の希望も反映されていました。

f:id:realbouzu:20170625212007p:plain

他の部屋も選べるようだったので、確認して見ます。

f:id:realbouzu:20170625211936p:plain 

いずれも、タシクラブですが、最もエレベーターに近いツインルームの当初の提案通りの部屋にしました。

これにて、チェックイン完了です!

 

前日夜

オンラインチェックインでは午後9時にチェックインとしましたが、実際ホテルに到着できるのは、翌2時になりそうなので、そのことをホテルに連絡しました。

必要かどうかわかりませんが、心配性のため。

 

タシクラブ宿泊記

2017年6月現在、タシクラブは部屋の改装中のため、専用のチェックインカウンターやラウンジなどは利用できない状況です。なので、実際のところ、タシクラブに宿泊するメリットは特にないです。

 

ホテル到着後、そのまま寝てしまい写真が汚いですが、タシクラブは全室オーシャンビューでバルコニーもついています。(この部屋が、改装前か改装後かの判断はつきませんでした。)

f:id:realbouzu:20170625212909j:plain

そして、部屋からの眺望。晴天に恵まれ、青い空とエメラルドグリーンの海が望め、リゾート気分を味わうことができます。

f:id:realbouzu:20170625212916j:plain

タシクラブの良かったことはプールが近いこと。

ちょうど、本館からタシクラブに向かう通路の途中にプールの出入り口があるため、子連れで浮き輪など持ってプールやビーチに行くには便利でした。

一方、当初予約していたプレミアタワーからプールは離れているので、少し不便かもしれません。

 

ヒルトン ゴールド会員の特典の一つにレイトチェックアウトがあります。今回、ホテル到着時に希望を伝え忘れました。翌朝、フロントで申し込むと、午後1時までならとの返答でした。

ヒルトンゴールド会員の朝食について

さて、ヒルトン ゴールド会員は特典で朝食が付いています。この朝食ですが、レストランでの一般的な朝食ビュッフェかと思っていましたが、今回はエグゼクティブラウンジでの朝食でした。(タシクラブが改装後は、おそらくタシクラブのラウンジでの朝食かと思います。)

 

レストランでの朝食ビュッフェに比べて簡単なビュッフェで品数も少なく、毎朝御仏飯をお供えするご飯派の子どもたちが食べられるか心配でしたが、自分でサンドイッチなどを作ったりして、問題なく食べていました。 

 

旅先の朝食ビュッフェだとついつい食べ過ぎてしまい、旅行中、胃腸の疲れが出ることもあるので、美しい眺めとほどほどの朝食で満足できました。

f:id:realbouzu:20170625212923j:plain

(エグゼクティブラウンジからのグアムの中心部。)